2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

2017.01.29 (Sun)

神○月の巫女ファンの皆様、申し訳ありません

○○が好きなの。
○○の顔が好き。
1時間2万もかからない学園イメクラにいるのが不思議でならない、アイドルにだって引けをとらない美少女フェイスが。
どんなにキモい言動・プレイをしても笑顔で微笑みながら見つめてくれる、バブみしか感じない優しい眼差しが好き。

○○の唇が好き。
○○ちゃん「ふうぞくんさん♥今日もキスマークつけていい?」
ふうぞくんさん「あぁ!いいよ!」
○○ちゃん「ホンマ?うれしいっ!ふうぞくんさんはウチのもんや♥」
からのキスマーク乳首横・おなか・膝の3箇所に全力でつけてくれる唇が好き。

○○の舌が好き。
常に濃厚なベロチューを積極的にしてくれる。
毎日行なって欲しいと思えるような、両方の乳首を舐めるときの激しい舌使いが好き。

○○の方言が好き。
普段は標準語を努めて使っているのにエッチなことをしている時に思わず全開になる、エロすぎてこっちの興奮度が勃起MAX全開になる、心にしみ通る澄み切った関西弁が好き。

○○の気遣いが好き。
前回入った時に話した、咲実写版の話、デカミンティアの話、前回思い出せなかったロボット異世界モノの話、プレゼントしたお土産の感想…
これらすべてを今回また話の続きとして色々と見てくれたり調べてくれたり味の感想と感謝を述べてくれたり…
わざわざこんな三十路声豚オッサンの話を聞いて○○ちゃんの貴重な時間を割いて行動に移してくれるのがホンマに嬉しい…
そんな○○の超一流の気遣いが好き。

○○の身体が好き。
今回もチェキ2枚オプションでつけて2枚ともおっぱい寄せたセクシーグラビアアイドルショットを撮影して大満足!
そしてパイズリはいつもこちらが寝転がって膝の上でズッてもらうスタイルだったが、今回は○○ちゃんがネットで調べてヤりたいと提案してきた方法でズることに。
ワクワクしながら言われるままの体制になると、こ、これは…!
学園モノでよくある机の下に隠れた女の子にパイズられる憧れヌキシチュ!!!!1111
学園イメクラという空間ならではの最高環境謝謝謝!!
しかもさ…寝転がってやるパイズリよりも胸に愚息が当たる刺激が強くて、その当たる胸は○○ちゃんの史上最強グラドル爆乳なわけで…
○○ちゃんに今まで2回入っていずれもその素晴らしい乳を使ったパイズリで必ずイってしまって今回は絶対にイかないと強い決意を持っていましたがあえなく果てました…
今まででも十分ヤバかったのにそれをさらに上回る快楽パイズリが待っていたとは思わなかったぜ…
どんだけ進化するんだこの娘は…末恐ろしいわ…
次回からパイズリはこの学園机の下シチュズリ固定になると思います…
ホンマ○○ちゃんの形の良い胸が重ねた肌から伝わってくる温もりが好き。

でも、一番好きなのは、○○の膣。
パイパンで舐めやすい。でもどこまでも敏感でヒクヒクして美しい。
パイズリで果てた後時間がないからと全力フェラで勃たせてからの全力高速グラインド騎乗位。
あいかわらずぶるんぶるんと揺れる爆乳を視覚で堪能しているとぎゅっと抱きしめてきて濃厚ベロチュー
イ カ な い わ け が な い
5分ともたず昇天
いつも僕のちんちんを全力で包んでくれる。中出しを許す、優しさに満ちた膣が好き。

○○以外の嬢なんかもう何も要らない。
ただ、あなただけが欲しいの。
○○と私、二人だけの永遠の枠が。
なのに世界には余計な当欠ばかり。
私達の間に図々しく割って入ってくる、邪魔者ばかりだから。
だから入るの。他の嬢にね。

さぁ、続きをしましょう。
もっとふうぞくんの愚息をパコみ込んであげる。
だから○○もちんちん挟んで。
おっぱいで挟んで頂戴。ね、○○



元ネタ↓
神○月の巫女
あなたが好きなの。
あなたの瞳が好き。
春の銀河のようにきらめく瞳が。
春の日差しのような優しい眼差しが好き

あなたの唇が好き。
蜜のような口づけをくれる。
切ない吐息を聞かせてくれる唇が好き

あなたの声が好き。
高くて甘い、心にしみ通る澄み切った声が好き

あなたの身体が好き。
抱きしめると折れてしまいそうな、華奢な腰が薄くて、でも形の良い胸が重ねた肌から伝わってくる温もりが好き

でも、一番好きなのは、あなたの心。
脆くて傷つきやすい。
でもどこまでも純粋で美しい。決して誰も責めたりしない。
全てを許す、優しさに満ちた魂が

あなた以外のモノなんかもう何も要らない。
ただ、あなただけが欲しいの。
貴方と私、二人だけの永遠の夜が。
なのに世界には余計なものばかり。
私達の間に図々しく割って入ってくる、邪魔者ばかりだから。
だから消すの。全部ね

さぁ、続きをしましょう。
もっと本当の私を刻み込んであげる。
だから姫子も私に刻んで。
あなたを刻んで頂戴。
ね、姫子
02:06  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tryhatter.blog59.fc2.com/tb.php/123-719c1062

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |